忍者ブログ
日々、活字中毒。邦ロックと本、ゲームをこよなく愛する天然系不思議少女。その時に感じたモノ、ことを思うまま、つれづれなままに語ります。
[1] [2]

2017/08/23 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2007/11/01 (Thu)

自分の思った通りにいかない事は多いけれど、
それは仕方のない事だと思う。

納得がいかなくたって、自分の意思と反したって
前に進まなければいけない時もある。

思わず、道で立ち止まってしまった。
その道が正しいのか、その方向があっているのか。

最初思い描いていた熱意と
今は反した所に立っている。
いつの間にか、気がついたら、関係ない事までが
当たり前になっていて、見上げたら、
取り留めのないところまで来ていた。

他の人の話を聞いていて、自分の想い入れと
自分の格差が大きすぎる事に気がついた。
もしかしたら、私は好きと言う気持ちだけで
安易に考えていたのかもしれない。

実際、安易に考えていた。
方向性が見えない。誰かに話したかった。
けれど、望む時と言うのは、なかなか巡り合わせ
がない時の方が多い。
結局、みんな自分に余裕がない人ばかりが多い
のかもしれない。
それ以前に自分が人に頼りすぎて、依存しすぎて
こうなったら、こうなるって答えを出すまでに
時間がかかりすぎたのかもしれない。

大切にしていたものがいっきょに壊された気分で、
先に進めない。

迷っている。すごく。
本当はもう答えは出ていて、決まっているけど、
それに納得できない自分がいて。

何だか最近読んでいた本の犯人の気持ちが
分かる気がした。
最近読んでいた本はこちら。

yougisha

でも、この犯人のように私は用意周到でも、
綿密で緻密で繊細で純粋でも
自分が最後までそれをやり通せるほどの力もない。

そして貫き通せるのかも。

自分の事ばかりで精一杯な私が。
余裕のない私が。
でも、この本にはすごい影響を受けた。。。

どうして、この世はこんなに不条理に出来ている
のだろう、それとも自分がマイナス思考に偏り
過ぎてしまうのか。

最近は、東野圭吾さん作品ばかり読んでしまう。
マイナスもプラスもその文章には含まれている気がして、
どうしてものめりこんでしまうのだ。
だから、読んでも読んでも読み足りない気がして
次から次へ読んでしまうのかもしれない。

ちなみに野中柊さんの「祝福」は読み終わりました。
短編集だったんですが、ほとんどがここで
終わり?と思う作品が多かった気がします。

そう思うとこの短編集みたいに
この世は出来ているのかもしれない。
納得もしてないのに、誰の賛同も得てないのに
変わってしまう。

今は宮下奈都と東野圭吾さんの「赤い指」と
「さまよう刃」に戦いを挑み中。
でもそろそろ、市川拓司さん新刊も読みたいし、
(=待ち遠しい、きっと買うでしょう~)
中村航さんの「あなたにずっと一緒に居て欲しい」
(=9月の新刊)も早く読みたい。

この気持ちはなんだか、戦争に行く前の兵士
の気持ちに似てる気がする。最近、戦記モノを
読んでいないけれど、そんな気がふとした。

誰かに言いたいけれど、この気持ち。
誰に伝えたら良いのだろう。

真っ直ぐに突き進んでも、突き抜けられない。
出口が見えなくて、光を見失う。

今はただ、その道を歩くだけ。
独りぼっちになるのが怖いから、
誰かに言いたいのかも知れない。。。。




PR

2007/10/21 (Sun)

今日は朝から遅刻して、大分、出だしを
ミス。この身体で走ると、もう朝から、
ばててしまう所から仕事が始まります~・・。

仕事も、色々な事を考えつつ、
脳内メーカーの如く、眠いの文字一色で、
ほとんど目が開いてなかったに近いかもしれない。。。

昼ご飯も朝をしっかり取らなかったので、
ちゃんと食べれず。。それでも少し元気に。
でも、ほとんど朝は寝ていた気がします。
寝ぼけながら仕事して、午後も疲労のピークに
なりつつも残りの仕事を片付け、

一日中、疲れと眠さに負けた日でした。

でも、帰りに読みたい本が三冊にCDが届いてて、
重い重いして、長期借りたい本を貸し出し延長。。。

妹に横浜のお土産で、
コルダのスタンプラリーでもらったトランプの
イラスト入りの本しおりをもらったんですが、
大切すぎて勿体過ぎて使えない・・・・(笑)
ありがとう・・・妹。

今は予知夢と祝福の掛け持ちをしています。
まぁ、早いのは予知夢でしょうが、読んだら、
そのうち感想を書こうと思います。

それにしても今日は自分の好きな近現代の
資料を職場の人に頂いてしまって、それを見ながら
高校の時の恩師、師匠、日本史の先生に会いたく
なってしまいました。
今、元気かな?働いているのかな~とか。
懐かしくも、水曜日の個人授業の事を思いだして
しまいます。

何かをどこかを妥協しなきゃ、我慢しなきゃ、
受け流して、聴こえない振りして、目を塞いで
仕事は出来ない。

どこかで何かを削らなきゃ、きっと出来ない。
今日眠い頭の中でふと、そう想いながら、仕事を
していました。

言葉を真に受けると、ずっと引っ張ってしまう
性格なので。。。

それにしても、
どうやって人と人は結びついているんだろうと
すごく考えます。
今の職場の人間関係が必然性であったとして、
その中で、何人の人に自分と関わりがあるのか。

前の時は同じ仕事をしているのに、とことん
気が合わない人がいて、その人との仕事を考えた
時、一緒に仕事なんて出来ないと思ったけれど。。。

それも偶然でなく必然だとしても、
結局交われない、関わりあえないのだから、
それは結びつきではない。。

この寂しさや込上げてくる不安や
読みたい本がたくさん有る気持ちも必然なら、
自分に必要なわけであって←いる必然

そうすると、
気が合わなかった人と仕事をした事も必然に
なるわけで。。←いらない必然
(=そういう必然はいらないと思ったけど)

人と人が関係を持ったり、親密になったり、
大切に思ったり、大事にしたいと思う必然は
知らないうちに発生して、それが大きく膨らむ。

それに気付くか気付かないのは自分次第だけど、
今聞いている、音速ラインの「上昇気流」の曲
みたいに、何も飾らないまま、前に進んで、進んで
いつか、自分の本質に、必要な自分に出会いたい。




2007/10/17 (Wed)


東野圭吾さんの「ガリレオ」ついに
テレビドラマで始まりました。
始める前から大分楽しみにしてました。

私は、福山雅治ファンではありませんが、
湯川学ファンです。
メガネ+白衣はかなりのポイント、高しですしね。

本当のタイトルは「探偵ガリレオ」
こちらがその本

garireo

昔、「ガリレオ」は読んで、
それ以来、ちょっとおざなりになっていたので、
久々にどんな話だったかなぁ、と再び読み始めて
しまいました。
読み終わってみて、2度目に読むと、1回目に
読んだ感と違う感覚に襲われました。

確か読んだ当時はまだ、学生で、知識も
今以上にはなかったので、難しいな~とか、
ちょっと分からないかも、と思う箇所が何箇所か
合ったんですが、今では読んでみると、
なるほど、と思うところがいくつか。

まぁ、それだけ歳を取ったのかな、とも言えます(笑)


自分が学生時代の時からずっとそうでしたけど、
東野圭吾さんの作品は、相変わらずの人気です。
このドラマが始まる前にも
「白夜行」とか「手紙」とかテレビドラマになったり、
映画になっていたりとあるけど。。

人気作家さんには何か法則でもあるのでしょうか。
気になるところです。


最近は久々に仕事が2日間休みをもらえたので、
ものすごい睡眠と、時間がある時に日記を書いて
それから、衣替えの整理をしたりしました。
休みは有効的に使いたいですが、
大抵が1日目は疲れて、何もしないまま終わって
しまうのがほとんどです。
部屋の掃除~とか家事~とか考えていたけど、
なかなか実行に移せたりする事が出来ません。

ただの時間下手だけなんでしょうが・・・・。

それから、少し先の事、先送りにしている
事も考えたりします。
誰かに相談したいけれど、結局自分で答えを
出さないといけないし。。。

でも、やっぱり、昔の友だち・・・と言っても
(=あんまりいるほうじゃないので/笑)
誰かを必要としたい、頼りたいと思った時に
なかなか自分からメールが出来ないのは少し寂しいし、
逆に友だちに頼られた事が少ないので、
メールが休みの日に来ないと何だか、その場に
一人ぼっちで置き去りにされた感覚に陥って
しまったりするので、この気持ちだけは
どうしようもないですね。

もう少し経ったら、何か習い事や資格の勉強
なんかして、自分に潤いを持たせるというか。
少しアクティブになりたいなぁ~。。。

(・・・と言ってもインドアは周りの人には
周知気味なので、ほどほどなアクティブで)

元はきっと変われない気がするから・・・・。

それに、自分がしっかりしてない、
ほやや~んとしているし、
悩むとそこはかとなく悩んでしまうので、すぐに
浮かんで来れなかったり、
言葉を真に受けてしまったりするので、
そういう弱さがちょっと受け入れがたかったりします。

自分以外の人だってたくさんの悩みを抱えて
必死に生きているんだと思うと、頑張ろうと
思うけど・・・常に惨敗気味。。

人と人ってどうやって繋がっているんだろう。
何かがきっかけで繋がるのかもしれないけれど、
自分はやっぱり少し、自我が強すぎるんだろうか。
それとも、どこかで自分から拒否をしてしまって
それ以上に踏みこめられなかったりするのだろうか。

一度でも良いから、誰かから求められてみたいし、
そういう人に出会ってみたい。

自分の全てを理解してくれる人なんて
絶対に居ないと事はわかっているから、せめて、
自分ひとりじゃないんだよ、って思う時間が
今より、少しでも長くなって欲しいなと思う。






2007/10/10 (Wed)

どんなに考えても答えが出ない。
考えなくても良いことで迷って、
同じところを行ったり来たりしてる。

例えば、その事が他の人にはどうでも良いこと
だったとしても、くだらない事だとしても、
自分にとってはとても大切な問題で。

時間を掛けて悩めば悩むほど、許容量オーバー
してしまう。。
もうすぐ健康診断なのに(笑)。。。


弱い自分と向き合うのはすごく辛くて、
見たくもない事を見て、聞きたくないことを聞いて
耳を防ぐ、目を隠す勇気もないくせに。

あぁ・・・明日mixiにも上がります~・・・。
今日上がろうと思ったんですが、明日も仕事だし
パソコンをしていると無性に気がつかぬ間に
時間がたってしまうので。。。
やる気が落ちたとも言えます。。。。
本当に明日、上がって書き込みしますので~。。
(=明日は、本気で頑張ろう/笑)
しかも、構造変わっていた~。久々にあがったら!!
余計に分かりにくくなった気がする。

それに、メールが欲しい時には来ない。
来て欲しくない時に来る。

家に帰ってくるとすごく安心します。
何だか、最近は仕事中も心が酷く焦って。。。。
人付き合いが下手だなとか、
どうして人と上手く関われないんだろう、とか。。
こんな私を誰か助けて(←他人任せ)

マイナスな事を考えると、マイナスになるよ、
と助言を受けて、プラス思考で行きたいですが。。
なかなかプラスに転じるのも難しくて、もどかしい。

読み終わりました、森絵都さんの
直木賞受賞作品「風に舞い上がるビニールシート」
kazenimaiagaru

感想は森絵都さんっぽいと言うか、暗さもあり
明るさもあり、でも、何だか読んでいて
受賞作品の「風に舞い上がるビニールシート」より、
私は一番最初の「器を探して」の方が好きだったかも。。
続きが普通に読みたいな、と思ったけれど。

直木賞をとる作品は複雑と言うか、何かこう、
強く惹かれるものがないと駄目なんですかね。。
私はあまり気にしないけど。。
諏訪哲史さんの「アサッテの人」も印象的だし、
群像とダブル受賞。。(ちょっと読んでみたい)

ちなみにこの本は6編の短編小説からできている
本で、受賞作品は一番最後に載っています。

ちなみに今は原点に戻って
東野圭吾さんの「探偵ガリレオ」を読んでます。
面白いですねぇ。。。

あとはチョコチョコと、借りて読んでみたいです。
野中柊さんも借りてみた。「祝福」
良い作品だと良いな~。。。
本でがっかりさせられると、
何だか、とても裏切られた気分になるので。





2007/09/27 (Thu)

今日も昨日より少しずつ前に進んでいる。

コメントありがとうございます、
ごんぎつねさん。、夏花。

最近はネットに上れずに・・・。。
それはもっとも、
不安定な状態に追い込まれて、精神的に色々悩んだり、
たくさん考え事があって+仕事の忙しさもあり。。

また、大好きなゲームの発売で
追い討ちをかけるような、引きこもりの日々だった私。
家に引きこもっちゃ駄目なのかもしれませんね。。

だけど、根っからのネオロマンス少女なので
そこはお許しを・・・・。
という事で、大好きなゲームの紹介。こちら。

encore.jpg

9月20日、金色のコルダ2、アンコール発売。
アンコールは前作の2の引継ぎモードプレイ+
段階モードルートの2ルートが楽しめる、
ファンには楽しみな1作。
ネットを徘徊していると・・・・

>>>こんな素敵な内容が(笑)

http://www.neowing.jp/detailview.html?KEY=KOEI-20122

上記のサイトの説明を引用しています。

その旋律は、恋の音色。

■ネオロマンス春一番。新メンバーを連れて、あの『金色のコルダ』が帰ってきた。
主人公(プレイヤー)は、
星奏学院に通う普通科の女子高生。
秋から冬へと移り変わる季節の中で、
ちょっぴり大人になったメンバーたちと、
新たに始まる恋と友情の物語。
心に響く恋の第二楽章、始まる。

■仲間たちとアンサンブルを組んで、クリスマスコンサートを成功させよう!
仲間たちと楽器の練習を重ねる中で、恋も進展。
育成のバランスに応じて、イベントやエンディングも
多彩に変化。
バラエティ豊かな学園育成・恋愛ゲーム。
学園内や休日のデートなど、
恋愛イベントが大幅ボリュームアップ!

■今、巷でクラシックが大ブーム!
一度は耳にした、あの名曲の数々が90曲以上登場!
キャラクターたちの演奏はすべて生楽器で収録。
新楽器ヴィオラとのハーモニーなど、聴きどころも満載! いつでも視聴できる、嬉しいオプション機能付き。

■魅力いっぱいの新キャラクター
華やかなタイプでサービス精神旺盛な主人公と同じクラスの転校生「加地葵(CV:宮野真守)」、
ある時は主人公の味方となり、
ある時は敵に回る謎の人物「吉羅暁彦(CV:内田夕夜)」

■前作のキャストも引き続き登場

谷山紀章、伊藤健太郎、福山潤、森田成一、
岸尾だいすけ、佐藤朱、増田ゆき、
石川英郎、小西克幸、水橋かおり

■豪華プレミアム特典

「星奏学院フォトBOOK&CD(仮称)」
ゲームのイベントスチル全91点を
掲載したフォトBOOKと、
コンサート場面で使用の楽曲(全40曲)に
主要キャラクターたちの
アナウンスをつけて1枚のCDに!

[プレイ人数: 1人]
【CERO年齢別レーティング: 審査予定】

はい、という訳で、プレミアBOX買いましたよ。

ちなみに私が好きなのは髪の毛の色の緑色の
ラッパ少年、火原和樹先輩(イチオシ)
金色で碧色の瞳のヴィオラ少年、加地葵くん。

まぁ、そのほかのキャラでもやりこんでますが。。。

仕事がありながらなので、中々進みませんが
上のキャラはもうすでに落としました。

そのうち、このキャラ+主人公ちゃん
で小説が書きたいなぁ・・・
と思いつつも、その前にサイトの更新も
思いきりサイトのジャンル変更もしたかったり・・・
やりたい事がいっぱい。

何処かでゲームに逃げていたところも
あったのかも知れませんね。それが弱さ・・・。
それでもこのゲームが好きなんです。

ネオロマンスのシリーズの中では1番好きかも(^^
誰かこのゲームでこの2人好きで、
同じ気持ちな人はいないかしら。。。

>>>>>最近の心境。

今は好きな人の言葉、それだけで、頑張れそうな
気がしました。

「自分が諦めちゃいけない」

後ろ向きな私には、
もったいないくらいの言葉でした。
それから、夏花、電話すごく嬉しかった。
この場を借りて、ありがとう。

明日発表の、音速ライン企画
「ビール☆ナイト」 - olympic 2007 -
ゲストが良いんですよー。
チケット当たると良いなぁ。。。。

今読んでいる本は、森絵都さんの
「いつかパラソルの下で」
内容は結構、奥が深くて、暗いです(笑)
精神的に落ちてる時に読むなって話ですけど。
同時並行で、「クリスマスストーリーズ」の
方も読んでます。
島本理生さんの「雪の道に帰る」いいですねぇ。。。

そろそろmixiにも上らなきゃな、と思います。
金曜日休みなので、上ろうかな。。。
コメント返せなくて本当にすいません。
気分が落ちていると全然駄目な子なので。。

しっかりしろ、葵・・・・
葵は本名じゃないんですが、良い名前だなぁ(笑)

ようやく前向きに足を運んでこられた今。
少しずつだけど、本当に歩みの、のろい私だけど、
今を生きています。

きっと幸せになる為に生きているんだ、そう思って。

今日も仕事の帰り道、綺麗な月を見た。
星は見えなかったけれど、ちゃんとここに
星は帰って来たよ、この手に。
私を待ってる事を知っていたように。

諦めなければ、いつかはきっと。

今はゲームも本も、パソコンも好きな事を
思い切り楽しんで、仕事を頑張る。
コレが一番の目標。。

そう、諦めなければきっと叶う、そう信じているから。



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[09/11 八゜イ星人]
[09/04 むらた]
[12/17 琴菜]
[10/19 ごんぎつね]
[10/01 ごんぎつね]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
宮野葵
性別:
女性
趣味:
邦ロック、本、ゲーム
自己紹介:
   
基本的性格:寂しがり屋のうさぎ。
      不思議天然系少女。
      日本史大好きな歴史バカ

   邦ロックと音楽、読書、ゲームを
   こよなく愛し、
   この3つがないと生きていけない。
   お菓子作りが好きで、
   雑貨屋巡り、カフェ巡りも好む。

   お気に入りなものは、
   リラックマに関するもの。
   リサとガスパール、COBE COBE。

 音楽は邦ロック中心で、
 関東ライブにはよく顔を出しています。
 洋楽はほとんど聴きません。
   
★ 好きなアーティスト(邦ロック中心)

フジファブリック、aiko、メレンゲ、
ASIAN KUNG-FU GENERATION、ELLEGARDEN、
BUMP OF CHICKEN、GOING UNDER GROUND、
くるり、音速ライン、STRAIGHTENER、DOPING PANDA、  ビアンコネロ、THE BACK HORN、APOGEE、
キャプテンストライダム、レミオロメン、
BEAT CRUSADERS、Base Ball Baer、TRICERATOPS   
   
★ 好きな作家

東野圭吾、市川拓司、島本理生、宮部みゆき、森絵都、
伊坂幸太郎、佐藤友哉etc・・・
   
★好きなゲーム

金色のコルダ、金色のコルダ2
遥かなる時空の中でシリーズ
   (2,3/舞一夜、十六夜日記)
ときめきメモリアルGirs sise 1、2
戦国無双、シャドウハーツ1,2
 
>>>また、読書の面で、漫画も好みます。
   
★好きな漫画家
   緑川ゆき、高屋奈月、高尾滋、
   谷川史子、羽海野チカ、
   呉由姫、望月花梨、
   小畑健、天野明、etc・・・


+++女々しいヤツなので(笑)

コメント頂けると、とても喜びます。
相互リンクは
常時、受け付けてますので
コメントの方へ
メッセージをお願いします。
なお、アダルト系サイト、
またはその類のものの
コメントは禁止させて頂きます。
(=コメントがあり次第、削除しますのであしからず)
  
>>>このブログ内に記載されている文章、詞、写真
全てにおいて無断転載を禁止します。   




バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]
イラスト提供:ふわふわ。り Template:hanamaru.